介護士の求人に応募する前に知っておきたいこと
ロゴ

求人が多い介護士の仕事は無資格でも働ける

介護士の求人に応募する前に知っておきたいこと

女性たち

介護士の仕事内容

介護士は、介護が必要な方がより快適な生活を送ることができるようにサポートをすることが仕事です。具体的には、着替えや食事のお手伝い、排泄介助、入浴介助などが仕事の内容として挙げられます。また、介助だけではなく、施設内でレクリエーションを行うこともあります。介護士が働く場所は、老人ホームやデイサービスなどの施設、個人宅、医療機関など幅広くあります。

介護士になるには

介護士は、無資格でも働くことのできる仕事として有名です。東京にも求人が多くあり、興味がある方は、施設などに応募することで未経験でも採用してもらえる可能性があります。しかし、もちろん介護士としてさらに活躍するための資格もいくつかあります。代表的な資格の1つが「介護福祉士」です。介護福祉士は国家資格で、合格するためには福祉と医学の専門知識と技術が必要になります。次に、「社会福祉士」という資格もあります。病気や障害で困っている方の相談を受け、サポートするための資格です。この2つの資格の他にも、介護士としてキャリアアップを目指している方は、「介護支援専門員」の資格を取得する方もいます。この資格を取得することでケアマネージャーとして働くことが可能になります。これらの資格を持っていると、就職も有利になり、仕事でも頼れる介護士として活躍することができます。

介護士に向いている人

介護士に向いている人の特徴を紹介します。介護士として活躍できる人の特徴の1つは「人に接することが好きな人」です。介護士は、人間を相手にすることがメインとなる仕事です。そのため、そもそも人と接することが好きでなければ続けることはできません。また、人と接することが好きでも大変なことは多くあります。大変なことがあってストレスがたまってもストレスを上手く解消できる人はさらに介護士に向いているといえるでしょう。他にも「思いやりと忍耐力がある人」も介護士に向いています。介護士は、人の相談にのったり、人の身体をを持ち上げたりと、気も体力も多く使う仕事です。そのため、思いやりと忍耐力がある人ならば介護士として活躍することができるでしょう。この2つの特徴に当てはまる人は介護士の仕事をぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

広告募集中