転職活動で高評価を得やすい薬剤師の特徴3つ
ロゴ

薬剤師の転職は資格よりもコミュニケーション能力が大切

転職活動で高評価を得やすい薬剤師の特徴3つ

女性

コミュニケーション能力が高い人

転職で評価されやすい薬剤師の特徴の1つは、「コミュニケーション能力が高い人」です。薬剤師業界は人手が少なく、どこの会社も積極的に採用を行っているので、コミュニケーション能力が低いからといって不採用になることはあまりありません。そのため、薬剤師でコミュニケーション能力を高めようとする人はほとんどいません。ここでコミュニケーション能力を高めておくことで有利に転職活動を行なうことができます。

人間関係の調整ができる人

薬剤師は他の職業に比べても、残業や人間関係のいざこざが原因で辞める人が多いといわれています。そのため、少しでも職場の雰囲気を良くし、人間関係の調整ができる薬剤師は経営者にも高評価で転職が成功しやすい特徴があります。年収の交渉もしやすく、このスキルがあると規定よりも30万円以上の年収アップにつながる可能性があります。メンバーとしっかりコミュニケーションをとれる人材になっておきましょう。

マネジメントスキルを持っている人

意外と思われる方もいますが、マネジメントスキルを持っている薬剤師はどこの職場でも重宝されます。マネジメントスキルがある人というのは、薬局を回していた経験があったり、商品の受発注や管理ができたりする人のことです。マネジメントスキルがあると、薬剤師としてだけではなく、薬局長や管理薬剤師の仕事をもらえる可能性も高まります。活躍できるチャンスがさらに増えるでしょう。

薬剤師の主な就職先

病院・薬局

最も人気で定番の薬剤師の就職先は、「病院・薬局」です。医師の処方箋をチェックして薬の調合や管理をします。病院や薬局には薬剤師が欠かせません。

ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師も多くいます。全国に数多くあるドラッグストアは求人も豊富にあります。正社員としてではなく、派遣やアルバイトなどで働いている人もいます。

製薬会社

製薬会社も多くの薬剤師が就職先として目指しています。大手製薬会社に憧れる人は多く、大きなプロジェクトに携わることもできるため、大きなやりがいを感じることができます。

研究機関

大学の研究機関でも薬剤師は活躍することができます。しかし、大学の研究機関は、積極的に求人を行っているわけではないので他の就職先に比べると難易度は高いといえます。

公務員

薬剤師は公務員に進む道もあります。専門知識と経験を活かして保健所で食品衛生監視員として働くことができます。他にも薬物犯罪を操作する仕事などがあります。

広告募集中